てつ男とカー子の旅日記ときどきバレーボール

乗り鉄の夫とドライブ好きな妻の旅の記録。鉄道の旅+レンタカーで日本を色々まわってみたいと思ってます。時々読んだ小説や好きなバレーボールのことも。拍手やコメント待ってます。
TOP雑記 ≫ 電子書籍

電子書籍

TVドラマ「カンナさ~ん」。
渡辺直美の主人公がおもしろくて
録画までして見てる。

「原作のコミック読もうかな」
って言ったら
「LINE漫画で読めるよ」
と息子がLINEにダウンロードしてくれた。

家中あちこちに
単行本やら全集やら文庫やらコミックやらが
散乱している。
だから本当はこんなふうに
電子版にして読むのがいいのだとは
わかっている。

でも
小さいスマホ画面で読むのは
なかなか慣れないで読みづらい。

尾道に行くから
志賀直哉の『暗夜行路』や
林芙美子の『放浪記』を読もうと
青空文庫を検索した。
(多分家の中の文学全集を探せばあると思うのに)

志賀直哉は没後50年経ってないから
まだ青空文庫にはなかった。
で、
『放浪記』に挑む。

まず、
横書きにやられる。
ワードにコピーして縦書きで読もうと思ったが
ページ数がかさむので断念。

横書きのまま挑んでみる。

う~~~~~~~ん。
有名な『放浪記』
出版当時は爆発的に読まれたとか。
森光子の舞台でも有名だが・・・・・

PC画面で読むから辛かったのか、
文章の構成がよくわからないから辛かったのか

同じ林芙美子の短編『風琴と魚の町』の方が
まだ読みやすかった。
Wordで縦書きに変換して読んだからか・・・・・・

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

< /body>