てつ男とカー子の旅日記ときどきバレーボール

乗り鉄の夫とドライブ好きな妻の旅の記録。鉄道の旅+レンタカーで日本を色々まわってみたいと思ってます。時々読んだ小説や好きなバレーボールのことも。拍手やコメント待ってます。
TOP ≫ 池波正太郎『鬼平犯科帳』

池波正太郎『鬼平犯科帳』

年を取ったのか
時代小説が好きになってきた。
恋だ愛だというのにも
冷めてしまっているし、
おどろおどろしい現代の事件物も
ときどき正直かったるい。

で、
「おじさんっぽい」と読んでなかった
池波正太郎だが、
最近は少々食指が動く
鬼平がアニメ化されたと帯にあったので
「そうだ読んでなかったな~~」と
読み始めることにした。

先ずは1巻から。

若い頃は相当な無頼漢だった
江戸幕府の火付盗賊改方の長官・長谷川平蔵
通称「鬼平」
義理も人情もあり、
それでいて悪人には情け容赦はない。

各編は
鬼平が常時登場しているわけではなく
最後にちょこっと顔を出す程度のものもある。

江戸だね
粋だね
妙味だね

なんか
読んでいて安心する。

やっぱり年取ったんだな・・・・・

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

< /body>