てつ男とカー子の旅日記ときどきバレーボール

乗り鉄の夫とドライブ好きな妻の旅の記録。鉄道の旅+レンタカーで日本を色々まわってみたいと思ってます。時々読んだ小説や好きなバレーボールのことも。拍手やコメント待ってます。
TOP ≫ 柏木 伸介『県警外事課 クルス機関』

柏木 伸介『県警外事課 クルス機関』

第15回『このミステリーがすごい! 』大賞・優秀賞受賞作!

“歩く一人諜報組織"=《クルス機関》の異名を持つ神奈川県警外事課の来栖惟臣(くるすこれおみ)は、
日本に潜入している北朝鮮の工作員が大規模テロを企てているという情報を得る。
違法な囮捜査を駆使して工作員を追う来栖。
一方そのころ、北の関係者と目される者たちが口封じのため次々と暗殺されていた。
暗殺者の名は、呉宗秀(オ・ジョンス)。
日本社会に溶け込み、冷酷に殺戮を重ねる呉だったが、彼の元に謎の女子高生が現れてから、歯車が狂い始め――。
桜木町、福富町、寿町、石川町――横浜を舞台に、神奈川県警・公安のエースと孤高の工作員が静かに火花を散らす。

    アマゾン 内容紹介より


例により、スリーエフの書籍コーナー。
このミス優秀賞という帯につられて読んでみた。

日中朝韓、アメリカやロシアのスパイも絡んで
国際間の闇の取引的なものが
「実際もこんなのなのかな」と思わせて
おもしろい。

更に
様々な裏切り。
誰が敵なのか味方なのかも
わからなくなる。

そういう意味で
なかなかおもしろい作品だった。

が、
文章的にはブツブツ切れてて
今一つ読みづらい。
人物描写も心理描写も浅いかな。

公安とか警察とかの小説としては
読み応えはあるほうだと思う。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

< /body>