fc2ブログ

てつ男とカー子の旅日記ときどきバレーボール

乗り鉄の夫とドライブ好きな妻の旅の記録。鉄道の旅+レンタカーで日本を色々まわってみたいと思ってます。時々読んだ小説や好きなバレーボールのことも。拍手やコメント待ってます。

日本酒の会

2年ぶりの日本酒の会
少人数で行われた

通算75回で止まってた
今回が76回目
よく続いたもんです

始まった当初
自分は30代前半

参加者諸氏も皆
おじいさん
おばあさんになりました

ほとんどの人が
退職して
相変わらず教員を続けている

そういうもんですかね



今回は人数も少ないので
一升瓶6本

1 十四代 中取り純米吟醸 3348円
2 東北泉 純米ひやおろし 3234円
3 伯楽星 純吟2020 生おりがらみ 3520円
4 澤姫 ひやおろし純米 3153円
5 秋鹿 純米吟醸みぞれもよう 3520円
6 白岳山 特別純米ひやおろし 3190円


肝心の写真撮り忘れました

いや~~~相変わらず 「うまし!」

皆さんでつけたランキング1位は
相も変わらず 十四代でしたが

多分1本1本で飲んだら
どれも相当美味しいと思う

DSC_1007 (002)
DSC_1008 (002)
DSC_1010 (002)

でてきた料理の写真
(全部ではない)
美味しいお酒
美味しい料理
会費5000円也

いや~~~満足満足



追記
久しぶりに電車に乗った
降りた駅がホームドアになっててびっくり

HORIZON_0001_BURST20220921213859722_COVER (002)
HORIZON_0001_BURST20220921213920695_COVER (002)

京急は「すみっこぐらし」車両がありました

配役

光石研さん
だいたいが「いいお父さん」役

昨年の「最愛」でも
「六本木クラス」でも
ニコニコした「いいお父さん」だ


「純愛ディノセセンス」では
中島裕翔演じる主人公の義理のお父さん
モノリスエステートという会社の社長で
ホントあくどい奴を演じてる

木曜日
六本木クラスのあとが
純愛ディノセンス


リアルタイムでなく
録画で見たのだが
見る順番を逆にしたのが間違いだった

六本木クラスでは
死んだお父さんが主人公新の夢に登場し
ニコニコと息子を思う「いいお父さん」として登場するのだが
その前に
純愛デイノセンスを見てしまったばかりに
「いいお父さん」の笑顔の裏に
「あくどい奴」を連想してしまって
参った

TV局の人
ドラマの配役とか
放映の曜日とか
考えてよ~~~~~

光石さんが悪い悪いわけじゃないし
それだけ真に迫ってるってことなんだと思うけれど

真に迫っているといえば
六本木クラスの
新の敵役
長屋の会長演じる香川照之

病の悪化で
足もおぼつかない演技
でも
なんか
演技に思えないぐらい
「真に迫ってる」



中川大志だって
ぶれない武士の鑑の畠山をやりながら
「オールドルーキー」では
ちょっと頼りない若手社員の城君演じてたしな~~~~~


役者さんって
すごいね

仙光院

毎週水曜日の休み
片付け曜日になってきた

本日は
お人形供養の持ち込み

UFOキャッチャー等でとった縫いぐるみは
気の毒だけど
お清め塩入れてゴミ袋でゴミに出した

でも
ディズニーランドで買ったミッキーやら七人のこびと
スヌーピー等は
いくらほこりかぶってるとはいえ
捨てられない

ネットで検索したら
逗葉新道沿いの仙光院さんで
お焚き上げしてくれるというので
ダンボールにつめて
持っていった
(祈祷料6000円也)

DSC_1002 (002)

DSC_1004 (002)


HORIZON_0001_BURST20220921104510835_COVER (002)


なんと
愛しの畠山さんじゃありませんか!

前回、前々回「鎌倉殿の13人」の畠山重忠かっこよかった~~~~~~~~~

義時とのやりとり
涙もんでした

特に
戦場での1対1の殴り合い
何度見てもいい

すっかり
畠山推しです(もう出て来ない・・・・・)
もちろん中川大志推しです
DSC_1005 (002)

TRIPART_0001_BURST20220921104532895_COVER (002)

お地蔵様の顔も
畠山様に見えてくる


人形供養と関係なく
一人で盛り上がってたのでした

教養ってなんだ?

国語の新カリキュラム
従来のいわゆる「国語」は
「現代の国語」と「言語文化」に大きく分類された

「現代の国語」はその名の通り
評論文やら説明文やら
現代の文章を読む

ところが
現代小説は「言語文化」のカテゴリー
小説は「文化」ということなんでしょう

畢竟
言語文化は現代小説や古文や漢文が入っていて
相当なボリュームになる


自分は今1年生の「言語文化」担当
いろは歌
歴史的仮名遣いを経て
大岡信「折々の歌」から万葉集、古今和歌集等の歌に入った

「先生、古文なんて無理だよ」
「そうだね、難しいよね。高校生みんなが難しいと思ってると思う。
だから大学の入試問題はほとんど(古文漢文を除く」になっちゃってるんだ」
「え~~~じゃ、余計必要ないじゃん」

生徒達が素直に思うのも無理ない

冒頭のカリキュラムの組み方だって
「現代の国語」にずっとシフトしている。
説明文も含めて現代の文章をしっかり読めるようになれと
「教養的」なものは全部「言語文化」に押し込めちゃええばいいと・・・・・・・

生徒に「いらないじゃん」って言われたって
全然説得力がある説明ができない

五月待つ 花橘の香をかげば 昔の人の袖の香ぞする

瑛人の「香水」のネット画像を見せて

「ね、昔の人も同じでしょ!」って言ってみても
何人の子が「分かる~~~~」って同意してくれるか・・・・・・

建て替えるということ

昨日の話題の続き

一口に建て替えといっても
建物だけに費用が掛かるわけじゃない

今ある家の解体費用
庭等エクステリアの整備代

そして
家ができるまでの
貸し屋住まい
そのための引っ越し費用

考えたら
アパートにしろマンションにしろ
ワンコOKの所を探さなきゃいけない

そんな簡単に見つかるかな~~~~~

今家のあるものを3分の1ぐらいに減らさなきゃならないだろうし


う~~~~~~ん
面倒だぞ
このままでいいや
息子には
別な所に探しな
って
言いたくなってきた


< /body>